カードローンの審査で診断されることとは?

  • 2015年2月18日
  • 小話
  • No Comments

カードローンの審査に受かるかどうかが気になる方、カードローンの審査で診断される項目についてご存知ですか。
カードローンを利用するには、審査に受かることが条件、いくら自分で希望しても審査に受からなければ、借入を行うことは出来ません。

カードローンの審査で診断されるのは第一に、月々安定した収入があるかどうか。
収入の多さ・少なさというよりも、毎月決まった額の収入があるかどうかが重視されます。
月収の多い方に対しては、融資限度額が高く設定されるという利点がありますが、収入が少ないからといって、審査に必ずしも落ちるというわけではありません。毎月一定の収入があれば、アルバイトやパートの方でも申し込みを行うことの出来るカードローンもたくさんあります。

そしてもう一つ審査で問われるのが、過去の返済記録です。
カードローン会社は申し込み者の過去の記録に関して、信用情報機関という第三者の機関に問い合わせを行います。たとえば過去に返済不履行を起こしたことがある方や、延滞を繰返したことのある方の記録は、一定期間保管される仕組みになっています。
過去にこのような返済事故を起こしたことがある方の場合、その情報が保管されている期間は、新しいカードの申込みを行っても審査で落とされてしまうことがあります。
(参考サイト:フリーローン審査ランキング


コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>