ローンをするのは車が最初

  • 2015年1月5日
  • 小話
  • No Comments

初めての車を買う時に、初めてのローンを組みました。

ローンを組む、ということ自体が初めてだったのですが、自分が銀行に行くことなく、車会社の社員の方が、勝手にローンを組んでくれた、ということでした。

ローンを組むということは、利子を払っているということです。

だいたい、年間に6~10%の金利を払うことになっています。

初回の金利負担や、金利の優遇などと言っていますが、いろいろなサービスを提供しているように見えますが、車屋もしくは銀行が、損をするような契約は絶対にしません。

金利で食っている以上、手数料を差し引いても儲かるように作っています。

税率の計算は細かくは分かりませんが、100万の車であるならば、5年計算で130万以上を払い込むような計算になってきます。

その間に車が事故で、廃車になってしまうこともあります。

維持費もありますし、保険もいります。

車は便利ですが、お金のかかる物だということだけは、覚えておきましょう。


コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>