本人確認に利用できる書類

  • 2014年12月11日
  • 小話
  • No Comments

カードローン審査の本人確認では、運転免許証やパスポート、健康保険証を使います。そのうちから好きなものを選べるカードローンもあれば、本人確認書類が指定されているもの、運転免許証が優先で、それがなければパスポートや健康保険証という指定をしているところもあります。
指定と異なるものを提出すると提出のし直しになるので、契約条件の項目をよく読み、提出間違いをしないようにしましょう。
自由に本人確認書類を選択できるならば、社会保険証や組合保険証を使ったほうが審査では有利になります。社会保険証は勤務している会社に在籍していることの証明になりますし、組合保険証を持てるのは組合保険を持っている大きな企業に勤務していることを証明できます。
同様に公務員であれば共済保険証を使いましょう。カードローン審査における公務員の評価は最高ランクです。審査を大いに有利にすることができます。一部のカードローンでは、保険証の提示を必須にして、在籍確認を兼ねているものもあります。


コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>